地中(地下)の埋設物調査は地面の下にどんな埋設物がどこにあるのか掘り起こすことなく調査することです。
掘削せずに地中を調査する非破壊検査の一種です。

地中(地下)埋設物調査

地中埋設物の調査はおもに電磁波レーダーを照射しておこないます。現場の状況によってはほかの機器を使用することもあります。
地中レーダ法によって地面の下の埋設管や空洞、構造物などがどのような形状でどこにあるかを特定できます。
埋設管は水道管やガス管などで、位置、深さ、方向を調べます。
埋設物を示す図面があるのがふつうですが、長い年月を経て実情と違っているようなケースは少なくないようです。
ほぼ図面どおりであっても多少のずれが発生していることもあります。
埋設物調査をすれば基礎地盤にある空洞や地中埋設物が設計・施工上の障害となるのを防ぐことができます。

地中埋設物の調査方法

地下の埋設物調査は主にレーダ探査機が使われます。
まず図面から見当をつけて探査計画を作ります。その後探知機をつかって概略的な予備調査をすることもあります。

電磁波レーダ探査機

本調査では地表面にレーダ探査機を置いて移動させながら電磁波レーダーの送受信をおこないます。
地中に向かって電磁波レーダーを放つと地中に埋設物があればその境目にぶつかって反射して電磁波が返ってきます。その波形をとらえて埋設管やケーブル、水、異物、マンホールのありかを調べることができるのです。
レーダー探査機には地中の断面映像が映し出されますのでそれを手掛りに判別します。
埋設物の調査深度の目安は1.5~2メートルほどです。それ以上深くても可能ですが確度が低くなることがあります。

地中埋設物調査のメリット

●コスト抑制

地面を掘ろうと思えば掘り起こせる場所であっても、開削から調査、埋戻しまでをすると工事日数がかかるうえ、多額の費用がかかります。
それにくらべて地中埋設物調査は日数がかからず大幅にコストを削減することが可能になります。

●場所・埋設物を問わない調査

レーダー探査機が置ける地面であればどこでも調査ができます。調査範囲が広くても機動性が高いため効率よくおこなえます。
また地中にあるものは水分でも固形物でも、金属・非金属でも判別し探査することができます。埋設物の種類を問わないこともメリットの一つです。

地中埋設物調査なら非破壊検査のサムズ

株式会社サムズは埼玉、東京、神奈川を中心に地中埋設物調査をおこなっています。
ブログで作業記録を更新中。お気軽に見積をご用命ください。

株式会社サムズ
最先端の地中埋設物調査・コンクリートx線探査で
安心の非破壊検査を。
〒342-0041 埼玉県吉川市保732-11
TEL: 048-983-6702 FAX: 048-610-8326
http://www.sam-s.biz/